大阪市中央区のホームページ制作会社

BLOG ブログ

ホームページの基礎知識 2019.11.07

ホームページを作成した時、制作費用以外に必要なお金はどれくらい?

年間のランニングコストってどれくらい?

ホームページ制作を依頼する場合、「いったいどれくらいの費用で作れるのか?」ここが一番気になる部分かと思います。
アンジップのホームページ制作では、「制作料金」として、成果物に対して費用を頂戴する形ですので、初期費用●●万円、月額維持費用●万円と言うような料金形態ではありません。
もちろん、更新することが難しい方や、毎月管理費を頂戴し保守まで全て請け負うことも可能ですが、制作後のお話になるので今回は「ホームページ制作のみ」のお話です。

実際のところ、制作料金はアンジップがいただく報酬部分ですが、それ以外にも「ドメイン代」「レンタルサーバー代」が必要となります。
この2つはクライアント側で契約・管理をしていただいています。

ドメインって何?

ホームページにアクセスするときに、「https://unzip.co.jp/」という文字列は見たことありますよね?
ドメインとは、「unzip.co.jp」という部分になります。
私たちが住む家を借りるように、インターネット上でホームページを表示するためには「ドメイン」という住所が必要です。

ドメインを取得するには、「お名前.com」で取得可能です。
まず、トップレベルドメインを決め、空いているか検索。(他の方が取得しているドメインは取得できません)

トップレベルドメインの選び方

まず、ドメインを取得するにあたって「ドメインの名前」を決める必要があります。
「unzip」.co.jp の部分ですが、この部分は会社名やサービス名・ブランド名を表す名前がオススメです。

  • コンテンツや会社名と一致している。
  • ドメイン名はできる限り短くてシンプルなものにする。
  • 0oなど似ている文字列はなるべく使用しない。

例えば・・・

私たちのドメインは、「unzip」で取得できましたが、もしこのドメイン名が取得されていた場合どういうものが良いでしょう?
例えunzipが取得されていても「homepage-seisaku-unzip.co.jp」このような名前では取ることはないです。
確かにホームページ制作のアンジップですが、これだけ長いと伝えにくいし伝わりにくいと思います。(そして、名刺などの決められた枠に入りきらないですよね・・・)
私なら、「unzip-web.co.jp」とか極力短いもので空いていないか確認すると思います。
アンジップでホームページ制作では、この辺もアドバイスさせていただきますのでお気軽にご相談ください。

このように、「unzip」で検索すると、メールのアイコンや、×の表記が出てくるものがあります。
それらはすでに取得されているため、別の名前を検討する必要があります。
.com や.co.jpなど様々な種類がありますがいったいどれを取得すれば良いのか?初めての方は迷ってしまうと思います。

のちのブログで、もう少し詳しくご紹介したいと思いますがほとんどの人が 「.com」「.co.jp」「.jp」いずれかを選択しています。

.co.jp ドメイン

このドメインの特徴は、日本で登記された会社のみが取得でき、1組織につき1つしか登録できないため信頼できる日本のサイトであることがドメインを見るだけで判断できます。
日本で登記されている会社であればこちらのドメインがオススメです。

.co.jpドメインの場合→3,660円/年+手数料5,200円/年

.com ドメイン

個人・企業、また規模の大きさに関わらず、誰でも取得可能な商業組織用のドメインです。
.co.jpとは違い、申請するにあたって審査や書類などの提出などがないため一番取得しやすいドメインです。
また、信頼のあるドメインの中でも年間1,000円ほどと維持費・更新料も高くないため多くの人に選ばれています。

.comドメインの場合→年間料金:1年目999円/年+手数料1,280円/年

.jp ドメイン

汎用.jpドメインといい、日本に住所があれば誰でも取得できます。
日本向けの事業を行なっている個人事業主に選ばれています。また、「.co.jp」とは違い、1つの団体でいくつでも取得できます。

jpドメインの場合→年間料金:1年目2,340円/年+手数料2,340円/年

最新情報はこちら

参考:お名前.com(2019.11月の情報より)
https://www.onamae.com/service/d-price/

ドメインの価格などは、種類や時期によって変動があるものの代表的なものであれば年間6000~9000円程度だとお考えください。

レンタルサーバー代はどのくらい?

レンタルサーバーもたくさんの種類がありますが、今回は「さくらインターネット」で契約した場合をご紹介します。

  • ページ数は20ページ程度+ブログ機能
  • WordPressを設置するのに必要なデータベースなどが作れる。
  • 動画やファイルのアップロード機能などを多く使用しない

上記のような一般的なホームページであれば、「スタンダードプラン」で大丈夫かと思います。
さくらインターネットさんでは、無料SSLサービスとそれに合わせてSSL対応のプラグインも用意してくれているので、私たちにとっても使いやすいです(^^)

私たちがよく使うレンタルサーバーの料金などもご紹介しますので、契約の際にご検討ください。

さくらインターネット スタンダードプランの場合

月額:600円+初期費用1,500円
容量:120GB・転送量:100GB/日
サポート:電話・メールサポート無料

詳しくはこちら

ロリポップ スタンダードプランの場合

月額:524円+初期費用1,048円
容量:100GB・転送量:80GB/日
サポート:電話サポートあり

詳しくはこちら

制作費用以外に必要なお金はどれくらい?

一般的なホームページの場合、ドメイン代とサーバー代を含めても年間のランニングコストは1万円程度です。

また、すでにサーバーをお持ちの方やサイトリニューアルの場合は新規契約をする必要がないことがほとんどですので、制作の際はご相談ください。

まとめ

ホームページを制作するのに必要な「ドメイン代」と「サーバー代」の参考をご紹介しました。 初めてホームページを制作される方、あまり詳しくない方だと「いろんな参考サイトを見たけど、結局どれにすれば良いのかわからない」 というご相談も多かったのでできる限りシンプルにご紹介しました。 アンジップでは、制作中のこういった小さな不安もできる限りお力になります。 ホームページ制作をお考えの方は、ぜひお問い合わせください。

この記事は参考になりましたか?
ホームページ制作のことアンジップへなんでもご相談ください。

ホームページに関するご相談はこちらから
記事が気に入ったらシェアお願いします。

CONTACT お見積もり・相談

どんな小さな相談でも構いません、一度お話ししましょう。
サイト制作のお見積り・ご相談は、電話かメールにてお気軽にご連絡ください。

サイト制作のお見積り・ご相談は、
電話かメールにてお気軽にご連絡ください。

  • お電話は、平日10:00-18:00まで、土日祝休みとなります。
  • メールでのご相談は24時間受け付けております。返信までに1~2営業日ほど頂戴致します。